2013/10/08

ナイフ入荷と鉛弾頭に関しての確認

10月の定休日=水曜日・日曜日・祝日

10月~12月の定休日 水曜・日曜・祝日

1月~4月の定休日 日曜・祝日 

*12:00-13:00はお昼休みとなります

 

業務外出等に伴う営業時間変更は以下の通り

10月17日 会議出席のため 14時閉店

10月18日 業務外出のため 13時開店

*March(マーチ)スコープの取扱を始めました

サベージM212(12番・ボルト式・1/2銃身 新型です)

*12:00-13:00はお昼休みを取らせて頂きます

 体調維持のためご理解、お願い致します



10月から定休日が変わります

水曜・日曜・祝日が定休日となります 

特に日曜・祝日はご希望の当社顧客(初心者さん)へ

現場レクチャーを行いますので、定休日変更が必須なのです

何卒、御理解ください


夜間の臨時営業等はお気軽にご相談くださいませ

可能な限り対応いたします


シカ等の解体(開腹時専用?)のナイフ

現地ディーラの在庫切れが続いてましたが

やっとこ他商品と共に入荷しました

こちらから御注文頂けます

シカ以外にも使えるんですよ コイツ

これからの時期、沖釣りする方に最適かも~~~


10/5 北海道新聞朝刊に掲載された記事

タイトルは「道、鉛弾所持も禁止へ」

これって、ちょ~~~誤解を招く書き方です

記事を読んでいけば鳥獣保護法で規制出来ない部分を

北海道条例で規制する という事ですね


北海道での6mm以上鉛弾を使用規制

これは鳥獣保護法での指定猟法になっています

クマ駆除では申請して認められると「指定猟法解除」というのが

備考欄に記載されて、鉛弾の使用が許可されます


狩猟(駆除)=鳥獣保護法・銃刀法・火取法

射撃=銃刀法・火取法

狩猟法以外の有害鳥獣駆除=銃刀法・火取法
(現在は鳥獣保護法以外の有害鳥獣駆除)

基本的に所管する法律は以上です


この部分で大丈夫だな と思いました

鉛被害防止だから、鳥獣保護法関連だろうと

大口径ライフル射撃競技をやっている自分としても

すんご~~く気になって 道庁エゾシカ対策課・K氏に

TEL確認致しました

「猟場での鉛弾 所持も禁止にする条例です」

従来から使用は鳥獣保護法で規制されています

ただし、使わなくても猟場で所持するのは規制出来ない

そこで道条例で「猟場で鉛弾を所持している事を規制する」


「射撃場で使用・自宅保管・指定猟法解除の許可がある

この時は全く問題ありません。規制対象外です」



という訳で競技者の方も含めて ご安心ください

要するに 山に持って行かなきゃ(・∀・)イイ!! だけです

射撃場も銅弾規制されたら カマド返すわ!!!


ルールを守って、楽しみましょう

ちなみに条例スタートは2014/4/1予定との事

だからって、今猟期に持ち歩かない様に!!!

覚えておいてくださいね~~~


お店は通常営業ですよ

遊びに来て下さいね

スポンサーサイト
ハンティング | Comments(1)
Comment
今日は・・・
教祖様

「今日は帰さないよ」と仕事が言っています・・・

自分はかなり無理を言って何時も教祖様に同行させて頂いて、凄い数の猟場に連れて行ってもらってます。

そんな中でも一番位の凄い猟場でした・・・
朝の景色を見た時に涙が出そうになりました・・・
景色が綺麗、鹿があれだけ綺麗で、固体も大きいということは、山自体違うのでしょうか??
ちょっと見た事ない綺麗な景色と鹿達でした。

因みに教祖様・・・
教祖様の撃ちづらい場所と言うのは、自分達では撃ちきれない所ですから・・・
あそこを歩いた時には朝の感動が吹っ飛ぶ位に怖かったです。

あの場所は2,3回行けば、必ず羆に当たりそうな場所ですよね・・・

文章では、あの恐怖と感動が伝わらないので辛いっす・・・
皆さま最初の書き込み(面白かったっす~)、12行目「今回が」を「今回は」に読み替えて下さい。


管理者のみに表示